K-F 生活ストレス調査 メンタルチェック オンライン





パスワード再発行
K-F生活ストレス調査 TOPへ
K-F ストレス調査の特徴
K-F ストレス調査 でのワークライフバランス分析
K-F生活ストレス調査 ご利用方法
K-F生活ストレス調査を個人利用される方
K-F生活ストレス調査を企業や団体でご利用される方
K-F生活ストレス調査 開発・運営者紹介
K-F生活ストレス調査に関するお問合せ
K-F生活ストレス調査を健康診断で
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?



ポイント1 多面的なチェックが可能!
ストレス反応と言っても、こころの悩みであったり、身体に症状が出たり、あるいはお酒や野箱など生活習慣が乱れたりと色々です。ストレス自体もその要因が家庭にあったり職場にあったり様々です。
本調査ではそれらの問題点を多面的なアプローチからチェックできるようになっています。
本調査は12尺度138項目より成り立っています。
この中の生活習慣、疲労度、生活適応、うつ傾向、神経症的傾向、心身症的傾向、アルコール依存度、感情喪失度、過剰適応型性格、攻撃型性格、生活満足度の尺度はストレスの主な原因、本人の社会的適応状態及び将来に係わるストレス耐性力やストレス関連疾患の傾向などを、多面的にチェックするようになっています。このように多面的多次元的な事がチェックできてはじめてその人への理解が高まります。

ポイント2 判定結果が適切・簡単でわかりやすい
現在、種々の心理テストがありますが、その採点や解釈が複雑なものが多く、一般の方のメンタルヘルスのスクリーニングや予防的対応に活用するには実際的ではありません。
当システムでは、判定はシステムにより自動回答され採点作業を必要としません。
また、判定結果は図・グラフや各判定項目の意義・説明と、判定結果に応じたアドバイスや詳細説明がされますので、産業医や保健師などの医療従事者やある程度訓練を受けたソーシャルワーカーの方でなくても、瞬時に分かりやすい適切な判定を得ることができます。
さらに、判定結果はPDFファイルで表示・ダウンロード・印刷が可能になります。
実務経験豊富な専門医が、多くの症例に基づき研究・論文発表されたデータをもとに採点されています。




ポイント3 変化が分かる!
身体変化をチェックする定期健康診断のように、心の変化のチェックも必要です。
知らぬ間にうつ状態になっていたり、心身症のような傾向が強くなっていたりします。心の健康のための早期対応にはこれらの変化の程度を知ることは大変重要です。本調査では過去5回(5年以内)の
結果がシステムに保存され、経年的な保管と観察が可能になっており、調査を受けられた方への細かく丁寧なアドバイスが可能になっています。








心と体は、つながっています。 あなたの心の声に耳を傾け、心と体の健康に注意をはらいましょう
Home  3つのポイント  組織分析とは  新規会員登録 企業/団体登録  医療機関の方へ  会社案内  個人情報保護  お問合せ
Copyright (c) Kurate Sougou Igakusya co.,ltd All Right Reserved